コーチ(COACH) とは - コーチ 財布バッグ欲しいne

コーチ バッグ(エルゴ レザー ホーボー)

コーチ バッグ

ホワイトレザーが清潔な印象で外側にゴールドホック付きのポケットがデザインされたコーチ バッグエルゴ レザー ホーボーストラップとバッグが一体になっているのが特徴的なデザイン。仕様は。天ファスナー開閉式[外側]ホック付オープンポケット×1[内側]ファスナー付ポケット×1オープンポケット×2(内1つは携帯サイズ) Dリング

エルゴ レザー ホーボー

コーチ/バッグCOACHショルダーバッグ(パッチワーク)

コーチ/バッグCOACHショルダーバッグ(パッチワーク)

シグネーチャー柄を含む、様々なファブリックを使ったパッチワークショルダーバッグ。フロントポケットにロゴネーム入りゴールドボタンが飾られ、ライトパープルのライン入りベージュの布ストラップは、なめし革の肩当付き。ファスナー開閉の内側は、ライトパープルのグログラン地で裏打ちされ、ファスナーポケット有り。ユニークなフォルムと心が浮き立つような楽しいデザインが魅力の逸品です。とてもパステルカラーのパッチワークが、ポップでキュートなバッグ

コーチのバッグの人気

コーチ(COACH)の人気のバッグ製品といえば、コーチ スモールホーボーバッグバッグやパッチワークやトートあたりに人気が集中するようです。カラー断然ピンク系のようですね。やはりセレブと言ったらピンクか黒の革にゴールドの金具と言う感じですからね。それに新作は今までと違い少し若い人ターゲットしたコーチ(COACH)のバックも増えてきたのでますます目が離せなくなる予感ですぅ

コーチ(COACH)

1962年には、前衛的なデザイナーとして知られることになり、映画「王様と私」の衣装などをデザインしたボニー・カシンをコーチ(COACH)に迎え入れ、カジュアルバッグの『カシン・キャリー』」を発表。
その後もコーチ(COACH)製品は、『バゲット・バッグ』や『ダッフル・サック』というヒット製品を製造する。現在のバッグのクリップ式金具や『ドッグリーシュ』の金具も彼女の発案である。

1988年には、三越と提携して日本進出を果たす。その後すぐに コーチ(COACH)は、横浜三越、日本橋三越店がオープンする。

2001年に、CFDA(アメリカ・ファッションデザイナー評議会)アクセサリー部門で最優秀賞を受賞。

2001年の8月、米コーチは住友商事と合弁でコーチ・ジャパンを設立し、三越子会社から店舗を引き継ぐ。

2002年の3月時点で79店舗を展開。

2002年の5月には旗艦店であるコーチ(COACH)銀座店を開店。日本未入荷アイテムなどを揃えて日本最大のショップとしてオープンした。

2003年の4月関西初の路面店を心斎橋にオープン。立て続けに4月16日第2旗艦店であるコーチ(COACH)渋谷店、4月25日には、コーチ(COACH)六本木ヒルズ店オープン。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。